ホワイトな建設コンサルタント会社の見つけ方 » 建設コンサルタントがブラックと言われる所以

建設コンサルタントがブラックと言われる所以

建設コンサルタントは、本当にブラックなのでしょうか。なぜそういわれてしまうのか。実態を調べてみました。

建設コンサルタントはブラック?

最近よく聞かれるようになった、「働き方改革」や「ワークライフバランス」。一昔前は、「仕事人間」なんて言葉があったように、仕事第一に生きる生き方が当たり前でしたが、今は仕事もプライベートも大事にしたい、お給料の多さよりも働きやすさを重視したい、そういう人が増えているのではないでしょうか?

就職や転職先を選ぶときに、その会社がプライベートも大切にできる働きやすい環境が整っている「ホワイト企業」なのか、それとも仕事量や内容がきつかったり、それに見合ったお給料が出なかったりで、プライベートとの両立が出来ず働きにくい「ブラック企業」なのか、誰もが気になると思います。

公共事業などの調査や設計、維持管理などを担う建設コンサルタントは、建設業界のなかでも「激務」「ブラック企業」などとよく囁かれています。それは一体なぜなのでしょうか?

今回は建設コンサルタントがブラックと言われる理由についてまとめてみました。

建設コンサルタントに就職・転職予定の人、現在建設コンサルタントで働いているけれどブラックな環境に嫌気がさしてホワイトな建設コンサルタントに転職したいと考えている人にぜひ読んでもらいたい内容です。

建設会社がブラックと言われる所以1:建設コンサルタントは残業が多い?

建設コンサルタントの平均残業時間は、製造業の残業時間の平均に比べると約14時間も長いです。また、建設コンサルタント会社の売上規模が大きくなればなるほど、残業時間が長くなる傾向があります。建設コンサルタントは他業種に比べて圧倒的に残業が多い業種と言えるでしょう。

建設コンサルタントのなかでも、残業時間を減らすために、ノー残業デーやウィークリースタンスなど様々な取組がされ始めています。また、建設コンサルタントの中でも地方の建設コンサルタントは全国の建設コンサルタントの平均に比べて残業時間が少ない傾向があります。

建設会社がブラックと言われる所以2:建設コンサルタントは休日出勤がある?

3K(きつい、汚い、危険)のイメージが強い建設業界。そんな建設業界の年間出勤日数のは製造業よりも17日も多く、休日出勤も多いことが分かっています。

そんな建設業界の中で、建設コンサルタントの中でも働き方改革に取り組んでいる事例があります。繁忙期以外の時短勤務、ノー残業デーや深夜作業禁止の徹底などで、総労働時間の削減に効果を上げています。

建設会社がブラックと言われる所以3:建設コンサルタントは給与が低い?

建設コンサルタントの平均年収は、日本全国の平均年収と比べると決して低くないどころかむしろ高めです。しかし、労働時間が長い、残業が多い、休日出勤がある、といった労働状況と比較すると、実際の働きに対して見合ったお給料なのかという疑問もつきまといます。

そんな建設コンサルタントで年収1000万超えを目指すとなると、大手の建設コンサルタントで働く必要がありますが、建設コンサルタントでは大手になればなるほど残業時間が増えるというデータもあり、収入と働きやすさを天秤にかけて考える必要がありそうです。

働きやすさを求めるなら
地方がおすすめ!

ホワイトな
建設コンサルタント会社3