ホワイトな建設コンサルタント会社の見つけ方 » 建設コンサルタントになるには » 建設コンサルタントのテレワーク可否

建設コンサルタントのテレワーク可否

公開日: |更新日:

ここでは、建設コンサルタントでテレワークはできるのかを解説します。

建設コンサルタントでテレワークは可能?

建設コンサルタントでテレワークは可能です。テレワークになっても仕事量が減少する心配はありません。後に解説しますが、建設コンサルタントのテレワークを推進することで通勤時間の削減や間接業務の減少を実現できます。

建設コンサルタントでテレワーク推進するメリット

通勤にかかるストレスを削減できる

テレワーク推進のメリットでまず挙げられるのが、通勤時間・通勤にかかるストレスを削減できることです。数十分かけて会社に通勤しているという方も少なくないでしょう。通勤時間が長いと会社に着く頃にはすでに疲れてしまい、疲れた状態で仕事に入ることになります。

テレワークにすることで通勤時間を削減できるのはもちろんのこと、通勤にかかるストレスも減らせるのです。ストレスのない状態で仕事に取り掛かることが出来ます。

定期代を浮かせられる

会社にとっても、テレワークの推進には大きなメリットがあります。社員の通勤がなくなるということは、定期代が浮く可能性があるということでもあるのです。

出社した日数だけ交通費を支払えばよいため、経費を浮かせられます。浮いた経費分を月給や賞与に上乗せすることもできるでしょう。経費削減による利益アップが見込めるため、経費の削減を課題としている会社にとって有効な策となります。

通勤災害のリスクを減らせる

社員が通勤中に事故に合えば、労災扱いとなってしまいます。労基署への届け出が必要になり、労災手続きにかかる時間や費用が大きくなってしまうでしょう。通勤災害のリスクを減らせるのは、テレワークの大きなメリットといえます。

感染拡大防止

流行病の影響で、テレワークを推進する企業が増えてきています。テレワークは感染拡大防止、とても有効な策です。

テレワークで対応できる建設コンサルタントの業務内容

会議や打ち合わせ

会議や打ち合わせはテレワークで対応可能です。

対面での会議や打ち合わせはコストがかかるのが難点。例えば会議所への移動や予約費用などです。近くのカフェで打ち合わせを行うにしても飲み物を注文しなくてはいけなく、業務に直接関係のない経費がかさみやすくなってしまいます。

Web会議ツールを使用すれば、これらの経費はしっかり抑えられるでしょう。会議の内容は録画することもできるため、欠席者も内容を確認しやすいメリットがあります。

通常のオフィスワーク

通常のオフィスワークのほとんどは、テレワークでも問題なくできます。

周りに人がいない分、1人で作業に集中しやすいメリットがあります。電話などの突発的な雑用も減り、より業務に集中しやすくなるのもポイントです。生産性の向上も見込めるでしょう。

都心VS地方
建設コンサルタントの働き方

働きやすさを求めるなら
都心地方か?

ホワイトな
建設コンサルタント会社の見分け方