ホワイトな建設コンサルタント会社の見つけ方

建設コンサルタントの
「ホワイト」の基準は
都内地方で決まる!

自分らしく働ける「ホワイト」な建設コンサルタントを見極めるカギは「場所」。都内か地方で、得られるものが異なります。あなたは、職場に何を求めますか?

とにかくホワイトな
建設コンサルタント会社を
今すぐCHECK!

建設コンサルタントのホワイト企業の見分け方

建設コンサルタントを選ぶにあたり、以下の3つは必ず満たした会社がおすすめ。都内・地方問わず、「ホワイト」の最低限の基準です。

アイコン

ワークライフバランス
制度が充実しているか

在宅勤務や時短勤務、出社時間選択制など、自分に合った働き方ができるか。制度の充実は、社員のことを第一に考えた会社という証明にもなります。

矢印

休みもしっかり確保
できる体制が整う

アイコン

売上利益率が
向上しているか

得られるのは、売上利益率が向上し続けている会社で働ける満足感と安心。減俸はまずありえないので、給与面の不満も限りなく少なくなるはず。

矢印

業績が安定した
企業で働く充実感と安定収入

アイコン

建設コンサルタントの
仕事領域が広いか

限られた領域だとスキル・視野が狭まり、今後にもつながりにくいもの。仕事領域が広いと常に刺激を受けられ、モチベーションの維持にも繋がります。

矢印

やりがいのある仕事が
常に見つけられる

都心地方の選択も、
「ホワイト」の重要な要素

上記のポイントを満たしたホワイトな建設コンサルタントは、日本全国にあります。都心と地方でどう違うのか、メリットと口コミをまとめました。

都心

メリット

  • 給料水準が高い
  • ビッグプロジェクトに携われる
  • 最新の情報を得られる

口コミ

  • 国土交通省やネクスコなど、上位官庁の業務に従事できることはやりがいでした。最新の技術情報がいち早く入手できる点も良かったですね。
    (当サイトのインタビューより)
  • 独立採算制で横のつながりはありません。オフィスがきれいというところは良いですけどね。
    (当サイトのインタビューより)

都心は
給与重視
の人向け

都内の建設コンサルタント(とくに大手)は、ビッグプロジェクトに関われる可能性が大。そのぶん、納期に追われて残業が増えるということは覚悟しなければいけません。プライベートを削ってでも稼ぎたい人には合っていると思います。

地方

メリット

  • 残業・休日出勤が少ない
  • 地域密着で、完成形や評価を確認しやすい
  • 他の部署と関わりが多く、知見が深まる

口コミ

  • いまは残業があっても、月30時間くらい。都内の建設コンサルタントのときは、終電・徹夜が当たり前でした。
    (当サイトのインタビューより)
  • 地元密着なこと。自分たちが普段使っている橋や道路のインフラの維持管理に携われるのが、なによりやりがいです。
    (当サイトのインタビューより)

地方は
働きやすさ
重視

の人向け

東京の建設コンサルタントより優れている点は、仕事量。楽というわけでは決してありませんが、残業時間や休日出勤は確実に減るでしょう。家族との時間に割いたり、自主学習に充てるなど、プライベートを充実させたい方には地方の建設コンサルタントが合っていると思います。

都心地方で住んだ場合の「働・住」比較

転職にあたり、会社から近い場所に引っ越すというケースは少なくないでしょう。とくに、「住みやすさ」はかなり重要なファクターになってきます。そこで、都心と地方の住環境の違いについても調査しました。地方は住みよさランキング2018で2位の愛知県で算出しています(1位は都心から近い千葉県のため、除外)。

働き
やすさ

都心
地方

884万円

イラスト
年収相場

695万円

イラスト

361~480時間

イラスト
年間残業時間

120時間以下

イラスト

42.1%

イラスト
休日出勤増加率

25%

イラスト

住み
やすさ

都心
地方
イラスト

21万3,955

月の生活費(3人家族の月の生活費)
イラスト

18万5,540

月の差は2万8,415年間差は34万980

43万円

地価

19万円

18万6,000

家賃相場(2LDKマンション)

7万7,300

3万円

駐車場代相場

1万3,510

67.7

住宅あたりの
延べ面積

102.2

電車

主な移動手段

8,672

保育園入所
待機児童数

107

6,309.78人/㎢

人口密度

1,457.42人/㎢

35.9%

森林面積割合

42.3%

108.5

物価指数
(100が基準)

99.6

参照元一覧/年収相場:平均年収.jp(https://heikinnenshu.jp/interior/kensetsuconsultant.html#chapter5)、年間残業時間・休日出勤増加率:(http://mx.jcca.or.jp/achievement/annual_report/pdf/wp2011_sanko_2.pdf)、生活費:生活費.com(https://seikatsuhi.com/kodomo/から算出)、地価:土地代データ(https://tochidai.info/shutoken/、https://tochidai.info/aichi/)、家賃相場:CHINTAI(https://www.chintai.net/rent/tokyo/area/2ldk/から東京23区平均額を算出、https://www.chintai.net/rent/aichi/area/2ldk/から名古屋市の平均額を算出)、駐車場代:駐マップ(https://chumap.jp/area/東京都/、https://chumap.jp/area/愛知県/)、住宅あたりの延べ面積:e-stat(https://www.e-stat.go.jp/dbview?sid=0003101026)、保育園入居待機児童数:都道府県格付研究所(http://grading.jpn.org/J250502.html))、人口密度:ランキングデータ(https://uub.jp/rnk/p_j.html)森林面積割合:都道府県格付研究所(http://grading.jpn.org/DivSRB1106.html)、物価指数:全国物価地域差指数 (https://www.stat.go.jp/data/zenbutu/2007/pdf/gaiyo_si.pdf)

住環境を見ても
地方がおすすめ!

収入面はどうしても都心が優位にはなりますが、
残業時間や休日など、働く環境においては地方に軍配が上がります。
また住みやすさに関しても、家賃や駐車場代が抑えられたり、自然やスーパーの数が多いなど、メリットが豊富
人口が東京に比べれば多くないので、人混みからも解放されます。
三密も回避しやすく、コロナ禍においても安心して生活ができます。
トータルで地方の方が住みやすいと言え、ストレスフリーな生活が送れるでしょう。

「ホワイト」=働きやすさ重視の方に!
地方のおすすめ
建設コンサルタント

静岡県内で売上トップの実績を誇る建設総合コンサルタント会社であり、働き方改善への取り組みや社会貢献によって、国や県からも評価を受けている注目の地方企業「株式会社フジヤマ」をピックアップしてご紹介します。

「人」を重視した県内売上No.1企業

フジヤマ

フジヤマ公式HPキャプチャ
引用元:フジヤマ公式HP(https://www.con-fujiyama.com/)

フジヤマの仕事に
ついて詳しく見る

フジヤマは公共性が高く、生活には欠かせない道路や水道、橋などのインフラ整備における計画から設計までの技術的なコンサルティングを行っている建設総合コンサルタントです。

「コンサルタント」「測量・調査」「地理情報」の3つの部門を持っている業務範囲の広さが定評で、静岡県内でトップの実績を誇っています。現在は東海4県、九州2県、そして関東地方へ営業拠点を構えており、国、県、市町村などからの仕事を受注しています。

働き方への取り組み

フジヤマでは、ワーク・ライフ・バランスを推進するため、毎月第3水曜は「スーパーウェンズデー」と称して、定時退社を推進。また、有給も3日連続で取得することとする「リフレッシュ休暇」制度を導入しています。Web会議システムを会社の文化に定着させることにより、コミュニケーションをより円滑に正確に行うことを目指しています。

これらの取り組みの結果、2019年度に「静岡県働き方改革アワード(取組加速化部門)」を受賞。働き方改革を推進すると同時に、会社の生産性等を高めるための取り組みを積極的に行っていることを評価されました。

また、2020年には「浜松市ワーク・ライフ・バランス等推進事業所」の継続認証を受贈。2017年に認証登録を受けて以降、残業時間削減のための工夫や、仕事と家庭の両立をしていくための支援、男女を問わない活躍の機会の提供など、社員にとって働きやすい環境づくりを継続して積極的に行ってきたことが評価されました。

キャリア形成への取り組み

フジヤマの社員教育はまず入社前の通信教育から始まります。そこで社会人としての基礎、教養を学びます。その後はOJTや様々な研修を通し、技術者としての経験を積み上げます。また、会社での経験を積むうちに他の分野へ関心を持った場合でも、ジョブローテーション制度を使って他部署へ異動することも可能です。

フジヤマでは資格の取得や、技術研修を積極的に支援しており、社外で行われる技術士資格の講座受講費を会社で負担。その他にも、社内ですでに資格を取得をしている社員が担当して、社内での資格取得のための勉強会も開催しています。近年注目されている3次元処理技術などの先端技術も活用しているため、新技術のスキルを身につける機会にも恵まれています。

フジヤマの魅力・キャリア形成について詳しく見る

社会貢献

フジヤマでは社会貢献活動として、2019年8月の大雨被害を受けた佐賀県六角川の河川災害等の被害状況把握のための写真を撮影し、国土地理院長より「令和元年東日本台風(台風第19号)等災害対策関係功労者」として感謝状を受贈しました。

また、二酸化炭素排出量及びガソリン消費量の削減することを目的としたエコドライブに継続的に取り組んでおり、2020年2月には「浜松市エコドライブ優良事業所」の継続認定を受けました。

イラスト

なんでもこなせる総合力が魅力!

空間情報や測量、インフラ設計、調査計画、地質、都市計画などあらゆる分野があり、各部門のエキスパートが連携して、どんなことでもこなせる総合力のあるところが魅力であると感じています。

参照:フジヤマ公式HP(https://www.con-fujiyama.com/recruit/people/voice/voice05/)
イラスト

複数の専門技術を要する業務をすべて社内で完結できます!

複数の専門分野のスペシャリストが揃っており、そのような方々からコンサルタントの技術者に必要な広い視野を学ぶことができます。

参照元:フジヤマ公式HP(https://www.con-fujiyama.com/recruit/about/charm/)

会社概要

部門一覧河川・砂防、港湾・空港、道路、上水・工水、下水道、農業土木、造園、都市計画、地質、土質・基礎、鋼・コンクリ、トンネル、施工計画、建設環境、測量、地質調査
所在地【本社】静岡県浜松市中区元城町216-19/【東京支店】東京都千代田区東神田2-6-7-3F
事務所静岡、愛知、東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨、三重、岐阜、福岡、宮崎に全23拠点を展開
売上高/純利益率50億3,800万円/9.8%(2020年5月)

フジヤマの公式HPで
社員の声を見る

「ホワイト」=年収重視の方に!
都心のおすすめ
建設コンサルタント

給与水準の高さがホワイトととらえる方には、都内の大手の建設コンサルタントがおすすめ。「建設コンサルタント売上高ランキング2018年」より、売上利益率が高く、コンサル部門数が平均以上(16部門以上)の上位3社をピックアップしています。

160の国で実績を持つ

日本工営

日本工営公式HPキャプチャ
引用元:日本工営公式HP(https://www.n-koei.co.jp/)

日本工営の公式HPで
実績を見る

働きやすさ

コアタイム(10:00~15:00)に在社していれば、出社・退社時刻に幅を持たせられる「フレックスタイム制度」を採用。育児休業制度や子の看護休暇取得制度、妻の出産時特別休暇を導入してします。その他、短時間勤務制度や所定外労働の免除、時間外勤務や深夜労働の制限などを含め、仕事と育児の両立を支援する制度が充実。

仕事領域

国内外のコンサルタント事業、電力エンジニアリング事業(機器・装置製造、電気設備等工事、機電コンサルティング、地盤計測業務/土木計測機器販売、安全用具製品)、エネルギー事業(エネルギーマネジメント)、都市空間事業がメイン。

イラスト

新しいことを取り入れていて先進的。

技術を軸に社会に貢献するといった社是は良いと思う。新しいことを多く取り入れいるところや自前で仕組みを作る点など先進的な面を感じた。また、他部門の技術交流会に出席したが、女性社員(技術者)も多くいて、非常に活発な意見を取り交わしているところは素晴らしいと思った。

引用:カイシャの評判(https://en-hyouban.com/company/00001243463/kuchikomi/)
イラスト

フォローしあって、良い雰囲気の職場

営業の方は上司に指導を受けながら業務を行っていた。上司にもよるかもしれないが、雰囲気は良く、相談もフォローもお互いによくしているに見受けられた。

引用:カイシャの評判(https://en-hyouban.com/company/00001243463/kuchikomi/)

会社概要

部門一覧河川・砂防、港湾・空港、電力土木、道路、鉄道、上水・工水、下水道、農業土木、水産土木、造園、都市計画、地質、土質・基礎、鋼・コンクリ、トンネル、施工計画、建設環境、電気電子、測量、地質調査
所在地東京都千代田区九段北1丁目14番6号
事務所北海道から沖縄まで、全国に52拠点を展開
売上高/純利益率647億8,200万円/28.3%(2018年6月)

日本工営の公式HPで
募集要項を見る

道路の分野に強い

パシフィック
コンサルタンツ

パシフィックコンサルタンツ公式HPキャプチャ
引用元:パシフィックコンサルタンツ公式HP(https://www.pacific.co.jp/)

パシフィックコンサルタンツの公式HPで実績を見る

働きやすさ

年齢・性別・障がい・国籍の有無などを問わず多様な社員が活躍できるよう、D&I風土・文化の醸成や、働きやすい職場づくりを推進。また、「一斉No残業デー(水曜日)」を活用したクラブ活動など、働き方改革や仕事と生活の調和を積極的に進めています。

仕事領域

都市・地域計画、情報、環境、鉄道、道路、河川、上下水道、空港、港湾、建築、福祉、医療、教育、安全保障などの社会資本を支えるさまざまなプロジェクトに対して、技術的なトータルサービスを提供しています。

イラスト

多様な分野で優れた技術者がいるのが強み!

さまざまな専門性を掛け合わせて新たな価値創出にチャレンジできるのも、多種多様な分野にわたって優れた技術者を擁しているパシフィックコンサルタンツだからこそ。これは、当社にとって大きな強みになると思います。

引用:パシフィックコンサルタンツ公式HP(https://www.pacific.co.jp/recruit/member/16.html)
イラスト

自由に意見を述べられる環境です。

就職活動で私が感じたパシコンならではの魅力=「自由に意見を伝えられる環境」は、業務の質を上げるために重要ですし、私個人のモチベーションを保つ上でも非常に助けられています。

※引用:パシフィックコンサルタンツ公式HP(https://www.pacific.co.jp/recruit/member/09.html)

会社概要

部門一覧河川・砂防、港湾・空港、電力土木、道路、鉄道、上水・工水、下水道、農業土木、水産土木、造園、都市計画、地質、土質・基礎、鋼・コンクリ、トンネル、施工計画、建設環境、電気電子、測量、地質調査
所在地東京都千代田区神田錦町3-22(テラススクエア)
事務所北海道から沖縄まで全国に10拠点を展開
売上高/純利益率485億9,500万円/25.9%(2018年9月)

パシフィックコンサルタンツの公式HPで募集要項を見る

河川・砂防の実績が豊富

八千代エンジニヤリング

八千代エンジニヤリング公式HPキャプチャ
引用元:八千代エンジニヤリング公式HP(https://www.yachiyo-eng.co.jp/)

八千代エンジニヤリングの公式HPで社員の声を見る

働きやすさ

2019年7月からフレックスタイム制度(コアタイム10:00~15:00)を導入し(※契約社員は対象外)、毎週水曜日は「ノー残業デー」を実施。業務に支障がなければ、定時の17:30に帰宅することも可能です。

仕事領域

社会資本整備における企画・計画・調査・設計・維持管理・運営において、国内外のさまざまな分野でサービスを展開(国土保全、交通基盤、都市・地域、マネジメント、環境・エネルギー、地質・地盤、維持管理、機械・電気、ICT)

イラスト

専門技術がなくても幅広いフィールドに挑戦できます!

前職では、建設コンサルタント業界とは異なる海外の業界で働いてきた私のように、専門的な技術を持っていない人でも、様々なフィールドで様々なバックグラウンドでの経験が大いに活かせる会社になってきていると思います。

引用:八千代エンジニヤリング公式HP(https://www.yachiyo-eng.co.jp/recruit/staff/staff10/)
イラスト

人に頼ることの大切さを知りました。

出産して時短勤務となり、さらにリーダーとしての役割を与えてもらい働いていく中で、人に頼る重要性を知りました。(中略)チームで協力することによって良い仕事ができたり、プロジェクトがスムーズに進んでいくことに気づきました。そしてそれが実現できるのも、部署間のコミュニケーションがとりやすい八千代ならではだと感じています。

八千代エンジニヤリング公式HP(https://www.yachiyo-eng.co.jp/recruit/staff/staff4/)

会社概要

部門一覧河川・砂防、港湾・空港、電力土木、道路、鉄道、上水・工水、下水道、水産土木、造園、都市計画、地質、土質・基礎、鋼・コンクリ、トンネル、施工計画、建設環境、電気電子、地質調査
所在地東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワー
事務所北海道から沖縄、海外まで全47拠点を展開
売上高/純利益率209億8,600万円/20.2%(2018年6月)

八千代エンジニヤリングの公式HPで募集要項を見る

建設コンサルタント企業「ホワイト」への取り組み例

最近は、社員の働きやすさを実現するために各建設コンサルタント会社がさまざまな取り組みを導入しています。
以下に、その主な例をまとめてみました!

ノー残業デー

発注者との協働による、「ノー残業デー」の実施が定着してきています。つまり、「この日は残業せずに、定時帰宅するよう心掛けよう!」という取り組み。水曜日に設定されることが多いようです。

ウィークリースタンス

就業環境改善のため、マンディ・ノーピリオド(月曜を依頼期限としない)、ウェンズディ・ホーム(水曜は定時帰宅)、フライディ・ノーリクエスト(金曜に依頼しない)、ワンウィーク・ノーオーバータイム(週1以上は定時帰宅)、オーバーファイブ・ノーミーティング(17時以降の打ち合わせをしない)等の取り組みが推進されています。

ワークライフ
バランスの推進

従業員・企業だけでなく、発注者も共同でワークライフバランスの取り組みが進んできています。具体的には、「ノー残業デーの設定」「育児休業・産前産後休業の制度、男性の育児休業制度」「介護休暇制度の確立」「裁量労働制、在宅勤務」など。

ダイバーシティの推進

多様な人材を積極的に活用する「ダイバーシティの推進」が行なわれています。働き方・生活の仕方、社員の価値観、社員構成、業務内容などさまざまな面での多様性を認識したうえで、働き方改革や制度改革、組織改革などを進めて人材を確保することです。

地方の建設コンサルタントで働く
転職者の声

実際に建設コンサルタント業界での転職を経験した人たちの、生の声を集めてみました。それぞれ違うキャリアを辿ってきた人が思う、地方の建設コンサルタントの良さ、魅力とは?

都内建設コンサルタント → 
地方建設コンサルタント

都内から地方の建設コンサルタントに転職した人のインタビュー正面写真
Hさん(53歳)

建設会社に3年、都内の大手建設コンサルタントに15~16年、地方の建設コンサルタントで13年。豊富な経験を持つ大ベテラン。

都内と地方の建設コンサルタントでは、働き方から待遇面まで多くの違いがあるそう。実体験から、紐解いていきます。

東京の建設コンサルタント経験者の
インタビューを読む

ゼネコン → 
地方建設コンサルタント

ゼネコンから地方の建設コンサルタントに転職した人のインタビュー正面写真
Hさん(27歳)

ゼネコンで土木施工管理を3年間従事。現在は地方の建設コンサルタントで、橋梁の補修設計業務や耐荷力照査業務に携わる。

千葉や神奈川、北海道など、各地を転々としてきたゼネコン時代と、地方の建設コンサルタントの今を比べてもらいました。北海道での秘話は必見!

ゼネコン経験者の
インタビューを読む

ハウスメーカー → 
地方建設コンサルタント

ハウスメーカーから地方の建設コンサルタントに転職した人のインタビュー正面写真
Yさん(32歳)

2年半務めたハウスメーカーから、元々希望していた地方の建設コンサルタントに入って現在5年目の主任。

ハウスメーカーと地方の建設コンサルタントともに活かせるスキルとは? 東京と地方の住みやすさについても語ってもらっています。

ハウスメーカー経験者の
インタビューを読む

地方で活躍する
女性の建設コンサルタント

女性の建設コンサルタントのインタビュー正面写真Sさん(45歳)
Sさん(45歳)

学生時代に上京し、地元に戻って建設コンサルタントとして夢をかなえたキャリアウーマン。

公園を作りたいという夢を高校時代に抱き、実際にかなえたSさんに、建設コンサルタントのやりがいや女性ならではの大変なことを聞いてみました。

女性建設コンサルタントの
インタビューを読む

建設コンサルタントがブラックと呼ばれる所以

建設コンサルタント会社はしばしば「ブラック」と言われてしまいますが、それはなぜなのでしょうか…?よくある3つのポイントを挙げ、実態を調査しました。

残業が多い

残業の多さが指摘されることも少なくありませんが、実際はどうなのでしょう。残業時間の平均を調査しています。また、残業時間を減らすために注目されている取り組みなどについても紹介。

休日出勤がある

休日出勤がある会社も少なくないよう。実際の建設コンサルタント会社における休日の平均や、一般的な労働時間などをリサーチしています。また、今話題の「働き方改革」について、その具体例も紹介。

給与が低い

仕事量に比べて給与が少ないと言われる建設コンサルタント。建設コンサルタント会社の年収の平均や、ボーナス事情についてリサーチしました。また、年収1000万超えを目指すにはどうすればいいのか?も紹介!

「ホワイト」
建設コンサルタント会社一覧

「ホワイト」なおすすめ建設コンサルタント会社を五十音順にピックアップ。会社の特徴、社員からの評判、働きやすさのために導入している制度、年収例、休暇制度などを調べています。

アジア航測(東京)

航空・計測・防災・センシング・環境・社会基盤・空間情報/GIS/システム開発と幅広く事業展開。「Asia Air Survey Myanmar Co.,Ltd」を設立するなど海外にも積極的に進出。

【本社所在地】
東京都新宿区西新宿6‐14‐1新宿グリーンタワービル15F

応用地質(東京)

地盤調査や地質調査、計測機器の開発といった高度な専門性を持つサービス提供によって、国土開発&国土保全に貢献。最近は、情報技術分野にも力を注いでいます。

【本社所在地】
東京都千代田区神田美土代町7番地

NTCコンサルタンツ
(愛知)

インフラ整備や地域振興・環境保全など、幅広い分野において専門的な技術サービスを提供。とくに注力しているのは「農」分野で、農業農村整備事業の業務実績は全国でもトップクラス!

【本社所在地】
愛知県名古屋市中区錦2‐4‐15

オリエンタルコンサルタンツ(東京)

国内外のインフラ施設を対象にさまざまな知的サービスを提供。企画・調査・設計といったプロジェクトの上流から、実施・運営・保全といった下流まで、あらゆる場面でコンサルティングを実施。

【本社所在地】
東京都渋谷区本町3-12-1住友不動産西新宿ビル6号館

建設技術研究所(東京)

国内初の建設コンサルタントで、受注業務の50%は国土交通省から発注される国策的なインフラプロジェクト。ダムや河川、情報・防災・国際分野まで社会資本整備のさまざまな分野で活躍!

【本社所在地】
東京都中央区日本橋浜町3‐21‐1日本橋浜町Fタワー

国際航業(東京)

航空写真測量をベースに創業し、鉄道・道路網整備等の建設コンサルタント、地質調査・海洋調査、防災、環境エネルギーといった分野を取り込みながら、空間情報技術を基本とする総合コンサルタントに成長。

【本社所在地】
東京都千代田区六番町2番地

サンコーコンサルタント(東京)

土木設計から、環境、まちづくり、海外事業コンサルティングまで、幅広いコンサルティング体系によって、社会資本整備における多側面からの企画立案・調査・計画・設計・維持管理を提供。

【本社所在地】
東京都江東区亀戸1‐8‐9

三祐コンサルタンツ
(愛知)

農業・水資源開発のほか、経済や社会開発に関わる企画・設計・施工管理・運営指導・環境アセスメント等をコンサルティング。発注元は、政府や地方公共団体、民間企業から世界的な銀行まで!

【本社所在地】
愛知県名古屋市東区代官町35番16号(第一富士ビル)

ジェイアール東海
コンサルタンツ(愛知)

JR東海グループの一員で、鉄道業務に近いのが強み。そのため、計画・調査・設計・施工監理・検査・修繕と、鉄道施設のライフサイクル全般において活躍しています。

【本社所在地】
愛知県名古屋市中村区名駅5‐33‐10アクアタウン納屋橋

ジェイアール西日本
コンサルタンツ(大阪)

JR西日本グループにおける鉄道技術が核の鉄道総合コンサルタント。鉄道固有の技術力を基盤に、街づくり構想や地球環境保護の提案、ITを活かしたコンサルティングまで幅広い領域で貢献。

【本社所在地】
大阪府大阪市淀川区西中島5‐4‐20

JR東日本コンサルタンツ(東京)

鉄道を基軸とする総合技術コンサルタンツのため、鉄道土木施設の調査・計画・設計・施工、メンテナンス・防災事業等が主軸。またICT、環境・緑化、新技術・新商品事業へと領域を拡大しています。

【本社所在地】
東京都品川区西品川1-1-1

玉野総合コンサルタント(愛知)

地方・都市計画分野を強みとする総合建設コンサルタントです。日本工営を中心とする日本工営グループ各社と協調し、社会変化に対応する最適な総合コンサルティングサービスを実施。

【本社所在地】
愛知県名古屋市東区東桜2‐17‐14

大日コンサルタント
(岐阜)

橋梁・道路・トンネルに関連する業務に強い建設コンサルタント。NEXCO受注案件においては安定したシェアを保有!また、東南アジアを中心に海外でも多くの実績を上げています。

【本社所在地】
岐阜県岐阜市薮田南3‐1‐21

大日本コンサルタント
(東京)

橋梁分野における売上高は業界内でもトップクラスを誇ります。橋梁をはじめとする構造物の計画・設計を主軸にして、国内・海外のさまざまな社会資本整備に携わっている会社です。

【本社所在地】
東京都豊島区駒込3‐23‐1

長大(東京)

レインボーブリッジ、明石海峡大橋など多数の橋梁を手掛けており、中国・韓国・アジア諸国にも事業展開。海外では小水力発電事業等のエネルギー分野や農林・水産事業等の地域活性化にも挑戦!

【本社所在地】
東京都中央区日本橋蛎殻町1‐20‐4

中央コンサルタンツ
(愛知)

国内に6つの本支店・13の事務所を展開。橋梁・道路・河川・公園・港湾・まちづくりなど幅広く社会インフラを設計しています。この幅広さが、技術力の底上げにもつながっているよう!

【本社所在地】
愛知県名古屋市西区那古野2‐1‐23

東京建設コンサンタント(東京)

グローバルな視点で公共事業に貢献。先端技術者集団として業界をリードしています。近年は民間資本導入支援のためのPFI/PPPなど新事業執行マネジメントにも注力!

【本社所在地】
東京都豊島区北大塚1-15-6

ドーコン(北海道)

活躍の中心は北海道。現在は国内の社会基盤の整備に対して広範に関わり、総合建設コンサルタントとして成長を遂げてきています。

【本社所在地】
札幌市厚別区厚別中央1条5-4-1

中日本建設コンサルタント(愛知)

創業して以来、半世紀にわたって、生活基盤を主とした社会資本の整備に携わってきた会社です。鳴海駅や中部国際空港連絡橋などが実績として挙げられます。

【本社所在地】
愛知県名古屋市中区錦一丁目8番6号ONEST名古屋錦スクエア4~7F

日本インシーク(大阪)

多くの社会資本整備(調査・計画・設計)に携わる総合建設コンサルタント。2019年4月に、「株式会社アスコ大東」から、株式会社日本インシークへ社名変更しています。

【本社所在地】
大阪府大阪市中央区南本町3-6-14(大阪本社)/東京都中央区日本橋富沢町9-19(東京本社)

日本工営(東京)

コンサルティング事業・電力エンジニアリング事業を通じて、世界各国の“国づくり・人づくり”の根幹に関わる事業を展開!国内最大手の建設コンサルタント会社といえるでしょう。

【本社所在地】
東京都千代田区九段北1-14-6

パスコ(東京)

航空・地上測量・最新衛星技術などを活用して、社会インフラ整備・空間情報・災害状況把握・地球環境モニタリング・被害予測等を提供。世界最大のマッピングカンパニーを目指して技術革新&新事業開発に挑んでいます!

【本社所在地】
東京都目黒区東山1-1-2東山ビル

パシフィックコンサルタンツ(東京)

60年を超える歴史を持つ建設コンサルタント業界のリーディングカンパニー。延べ900名を越える技術士に、約1,400名の高度な専門技術者を擁する大手企業です。

【本社所在地】
東京都千代田区神田錦町3-22(テラススクエア)

復建技術コンサルタント(宮城)

東北エリアを中心に、道路や橋梁、都市計画など幅広い領域に携わってきた会社。現在はインフラの維持管理や地域課題解決のための事業創生にも力を入れています。

【本社所在地】
宮城県仙台市青葉区錦町1-7-25

フジヤマ(静岡)

静岡県内でトップの実績を誇る建設総合コンサルタント。中小の建設コンサルタントのなかでも珍しい、空中写真測量・地質調査・水中海中での測深・文化財発掘調査と業務幅が広く、すべてワンストップでサポート。

【本社所在地】
静岡県浜松市中区元城町216-19

八千代エンジニヤリング(東京)

国内トップクラスの総合建設コンサルタント。社会資本整備や国土環境保全に関わる技術コンサルティングサービスを提供しています。建設コンサルタント業21部門のうち19部門において登録!

【本社所在地】
東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワー

いであ(東京)

社会基盤整備や環境のコンサルタント事業を基本に、減災、快適性、生命ソリューション等の諸分野について、企画・調査・分析・予測評価・設計・対策・施工管理までを一貫して提供。

【本社所在地】
東京都世田谷区駒沢3-15-1

エイト日本技術開発(岡山)

半世紀以上にわたって国内外の社会インフラ関連事業に携わってきた建設コンサルタント会社。E・Jグループの中核企業として、地域・生活等に配慮した新たなインフラ整備に取り組んでいます。

【本社所在地】
岡山市北区津島京町3-1-21

日本振興(大阪)

昭和50年・51年、四国地方に多大な被害を与えた台風災害の復旧事業をきっかけに創業。道路・河川工事、ダム建設など社会資本整備事業における事業監理部門を軸に、専門的な土木技術サービスを提供。

【本社所在地】
大阪府泉南市りんくう南浜3番地2

西日本技術開発(福岡)

「九電グループ」の一員。建築・土木・原子力・火力・地熱・環境という6つの技術部門からなる、エネルギー・環境・社会基盤の総合技術コンサルタント会社です。グローバルに活躍しながら、地域に密着した会社作りを推進。

【本社所在地】
福岡市中央区渡辺通1丁目1番1号電気ビル サンセルコ別館

株式会社オオバ

大正11年創業の長い歴史を誇る建設コンサルタントです。社会資本整備に関するコンサルティングサービスを展開し、まちづくりを広く担っています。近年では中途採用を積極的に受け入れるなど、人材獲得に注力しているようです。

【本社所在地】
東京都千代田区神田錦町3-7-1 興和一橋ビル

株式会社NJS

NJSは水と環境を通じたサービスを展開する建設コンサルタント会社です。業界のなかでも特にワークライフバランス推進に力を入れており、仕組みや制度を工夫して、社員の柔軟な働き方をサポートしています。

【本社所在地】
東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング14F

川崎地質株式会社

川崎地質は、本社社員が社員の希望を聞いてくれるなど、働きやすい環境が整っている企業です。専門知識を持っていなくても、入社後の研修で専門知識を身に付けられるので、専門外の学校を卒業した人でも安心して入社することができます。

【本社所在地】
東京都南区三田2-11-1 三田川崎ビル

ニュージェック

総合建設コンサルタント会社のニュージェックでは、家庭と仕事を両立できるよう、時短勤務制度や育児休暇、また男性社員の出産休暇といった制度を設けています。また、以前よりも残業や休日出勤が減ってきたと感じている社員の声も見られました。

【本社所在地】
大阪市北区本庄東2-3-20

不二総合コンサルタント株式会社

本社を静岡に構える不二総合コンサルタント株式会社。幅広い分野の社会資本整備を手掛ける総合建設コンサルタント会社です。毎週水曜日をノー残業デーに設定するなど、残業削減に向けた取り組みを積極的に実施しています。

【本社所在地】
静岡県浜松市北区初生町889-2

東電設計株式会社

発電所においてプロジェクトの調査から保守まで幅広いサービスを展開している東京電力のグループ会社。研修制度が充実しており、1人ひとりの専門分野を伸ばす働き方ができます。海外に進出しており、海外で活躍できるコンサルタントを目指すことも可能です。

【本社所在地】
東京都江東区東雲1-7-12 KDX豊洲グランスクエア9F

建設コンサルタント
になるには

必須資格はないものの、就職時に優位に立ちたいのであれば資格を取得しておくと良いでしょう。土木関係の学校に進めば、土木施工管理技士や建築施工管理技士のような資格取得をサポートしてくれる場合もあります。
資格取得は補助費用を有効活用しながら率先して勉強し、土木に関する幅広い知識を身に着けることが大切です。こちらでは建設コンサルタントになりたい人に向けて、気になる情報を解説しています。

建設コンサルタントの仕事

建設コンサルタントの仕事はクライアントへの工事提案からはじまり、契約処理や工事の企画、設計、管理など幅広く担当します。事務作業や営業活動を重ねながら、受注したクライアントとは定期的に打ち合わせを重ね、必要事項を現場関係者へ連携していきます。

現場のゼネコン関係者を管理する役割を担っており、工事進捗や現場との連携は建設コンサルタントの力量によって左右されるといっても過言ではありません。

建設コンサルタントの仕事

建設コンサルタントの資格

「建設コンサルタント」になるためには、必須の資格はありません。就職が有利になる資格として、近地区施工管理技士や土木施工管理技士が挙げられます。とくに土木関連の現場では実務経験が重視される傾向があります。

国家資格である技術士は、二次試験に実務経験があり、専門的な知識と実務経験の両面からアピールできるため、取得を検討しても良いでしょう。

建設コンサルタントの資格

建設コンサルタントになるための学校

直接的に「この学校に行くと建設コンサルタントになれる」という学校はありません。建設コンサルタントとして働くことを見据えるなら、土木関連の専門知識を獲得できる学校へ進むのが良いでしょう。

卒業生に建設コンサルタントがいる学校は就職で有利に働く可能性が高いため、卒業生の就職先一覧などを確認しておくのがおすすめです。

建設コンサルタントになるための学校

建設コンサルタントに向いている人

専門領域を深めていく職種ではなく、あらゆる領域のプロと関りながら、臨機応変な対応が求められるのが建設コンサルタントです。ゆえにマルチタスクで仕事ができたり、隔たりなくコミュニケーションを取れる人が向いているでしょう。

また、細かなスケジュール管理が求められる仕事でもあるため、コツコツとマメに努力を重ねていける人が向いています。

建設コンサルタントに向いている人

建設コンサルタントの年収

年収が平均的に低いとされる建設業界の中で、平均年収は550万程度と比較的高い職種です。年齢と共に収入が上昇していく傾向にあり、500万円を超える収入は40代以上となる場合が多いようです。

年齢の他に地域差があり、地域によっては20代の年収でにとどまる場合もあるようです。お住いの地域の企業の年収などを参考にすると安心です。

建設コンサルタントの年収

建設コンサルタントの就職先

建設コンサルタント会社はもちろん、技術研究所やシンクタンクでも、建設コンサルタントは求められています。企業によって扱う範囲が異なる職種であることを前提に、さまざまな企業を見て「働きたい!」と思う企業を見つけられるのがベストです。

地方と都市部によって働き方が大きく異なるため、希望する働き方を考えたうえで、企業探しを行うと良さそうです。

建設コンサルタントの就職先

建設コンサルタントの将来性

近年、日本国内では世界的な祭典やイベントが数多く開催されているほか、渋谷などを中心に都市部の再開発が進んでいます。そのため、道路や公共施設に多額の設備投資が実施されており、2025年頃までは安泰の職種と言えるでしょう。

日本は元々インフラ整備にかける金額が高くありません。より高収入を目指す場合は海外派遣などを視野にキャリアを積んでおくと将来性としては安心です。

建設コンサルタントの将来性

建設コンサルタントの歴史

イギリスで産業革命が起こった18世紀末に誕生した建設コンサルタントは、世界各国でインフラ整備などを実施する際に重宝されてきました。

日本では1964年に登録制度が整備され、建設省により土木と設計会社を分けることが義務付けられたため、双方の間を取り持つ建設コンサルタントが重宝されるようになりました。次のページでは建設コンサルタントの歴史について分かりやすく解説します。

建設コンサルタントの歴史

大手の建設コンサルタント会社

日本の建設コンサルタント会社のなかで『大手』といえば、「日本工営」や「建設技術研究所」、「オリエンタルコンサルタンツHD」などが挙げられます。具体的な定義が決まっているわけではありませんが、売上高が大きかったり、業界内での知名度が高かったりする企業を大手と呼ぶケースが多いようです。

次のページでは規模が大きい、売上高が大きいなどの条件に当てはまる有名企業を紹介します。

大手の建設コンサルタント会社

転職と年齢の関係

一般的には若いほうが転職に有利とされていますが、建設コンサルタントでは20代の若手はもちろん、即戦力としての活躍が期待できる30代のニーズも高いようです。

逆に今の会社から別の会社へ、もしくは別の業界へ転職したい場合は、20~30代のうちに動いていたほうがスムーズに転職できる可能性が高くなります。とくに未経験の分野にチャレンジしたい場合は、20代のうちに動いておいたほうが良いでしょう。

転職と年齢の関係

キャリアプランの考え方

建設コンサルタントとして自身の専門分野を極め、一人前と認められるようになるには10年ほどかかります。つまり、建設コンサルタントとして働き始めてから10年ほどは、キャリアプランはほぼ1本道です。

経験を積み、名実ともに一人前の建設コンサルタントとして認められるようになると、「そのまま技術者として腕を磨くか」「役職を目指し、マネジメントにかかわるか」「独立して起業するか」といった可能性が広がります。

建設コンサルタントのキャリアプラン