ホワイトな建設コンサルタント会社の見つけ方 » おすすめの建設コンサルタント会社 » 川崎地質株式会社

川崎地質株式会社

川崎地質について、口コミ評判と会社の特徴を紹介しています。また、会社で行われている制度も詳しく解説していくので、就職あるいは転職を考えている方は一読してください。

川崎地質株式会社の口コミ・評判

  • 何でも1人で仕事をこなしていかなければならず、その意味では経験を積みながら成長することが出来た。部署によっては組織的に協力しながら業務を進めることもある。管理職は大抵部下の仕事に関与しないため、厳しいながらも社員の成長はある。
    抜粋:en Light house
    (https://en-hyouban.com/company/00001164144/kuchikomi/2468513/)
  • 同業他社と比較しても給料面はかなり良い。特に若手の頃は残業代もつけてもらえるため、かなりもらえる額は大きい。(以下略)
    抜粋:転職会議
    (https://jobtalk.jp/companies/1466/answers/3638417)
  • 入社当時の基本給は非常によく、2年間は完全に住宅手当が出ました。また、残業も現場によっては土日、深夜問わずにありましたが、全てつけることができました。(以下略)
    抜粋:転職会議
    (https://jobtalk.jp/companies/1466/answers/915784)
  • インフラに関わる仕事なので地質や土木がホントに好きな人には向いていると思う。
    抜粋:転職会議
    (https://jobtalk.jp/companies/1466/answers/3897633)

口コミ評判からみる「川崎地質株式会社」の総評

川崎地質の口コミ評判をみてみると、給与が高いという声が多く挙がっています。ただし、その一方で、働く時間や業務の難しさについては、不満に感じるという意見もみられます。しかし、この口コミ評判は大分前に記載されているものも含まれているため、現在では労働条件は改善されてきています。

昔は、建設コンサルタント会社は働く時間が長かったり、休日出勤が当たり前だったりと、過酷な労働環境のところが多くありました。しかしながら、現在では多くの企業で働き方が見直されてきているため、労働環境は昔に比べると良くなっています。

川崎地質株式会社の制度

  • 階層別研修・全体技術研修・資格取得指導・出向制度・博士号取得支援
  • 退職金制度・社員持株会・財形制度・健保保養所有
  • 健康保険(組合健保)・厚生年金・雇用労災保険・厚生年金基金・労災上積保険・団体長期障害所得補償保険(GLTD)・ベネフィット・ステーションサービスなど

入社1年目のステップアップ研修あり

川崎地質では、新入社員に対して毎年1年間のステップアップ研修を実施しています。4~5月には川崎地質で働く心構えについて学ぶ研修が行われ、6~7月には業務事例から業務計画や実行予算を学べる研修が開催されます。その後、8~9月には現場での実地管理や調査方法を学ぶ研修、10~11月にはボーリング柱状図・N値・室内試験結果の整理や地盤定数の設定についての研修が行われる予定です。1~2月には地盤データの設計や施工への適用を学び、最終的に3~4月に1年間の総括ができるようになっています。

社員一人ひとりの希望を聞くための取り組みを行っている

川崎地質では、社員一人ひとりの希望を聞いたり、評価をしたりするための取り組みとして、年2回上司が部下の希望を聞くようにしています。話し合いによって、社員の育成方法や配属先を決めていくのです。また、勤続年数が5年を超える社員に対しては、直属の上司ではなく、本社の社員が意見を聞くようにしています。こうした社員の希望を取り入れられるような仕組みを導入することで、社員の適性や希望によってマッチした働き方が見つけ出せるようになっています。

川崎地質株式会社の特徴

川崎地質は新規構造物建設を請け負う一方で、既存公共インフラ構造物の維持管理を得意としています。新規構造物建設、既存公共インフラ構造物の維持管理のどちらの業務においても、地質・地盤にかかわる問題に対して適切に対処できる力が求められています。川崎地質では、現場を正しく診る力を大事にしているので、最適な地質調査を計画し実行することが可能です。

常に挑戦し探求し続けている企業

川崎地質では、顧客の要望に応えることを一番大切にしているため、常に挑戦し、探求し続けています。今現在川崎地質が持っている技術や機械の多くは、顧客の要望に応えたいという気持ちから、誕生したものばかりとなっています。国連海洋法条約による延長大陸棚の画定では、他国の提出物も却下されるような厳しい条件下にもかかわらず、川崎地質が提案した案は国連委員会に認められています。

専門知識がなくても意欲さえあれば成長できる

崎地質に入社する社員全員が、地質や土木に関連する知識を身に付けているわけではありません。なかには、専門外だけれど、興味があって入社を決めたという社員もいます。川崎地質では入社後の研修制度がしっかりと整っているので、専門知識がない人でも意欲さえあれば成長することができます。女性エンジニアの数も増えているため、女性でもしっかりと仕事に携われます。

川崎地質株式会社の休日/年収/勤務時間/福利厚生

休日休暇一覧 完全週休2日制(土曜日・日曜日)、国民の祝日、年末年始休日(12月29日~1月3日)、特別指定休日(1月4日)、夏期休日(7月1日~9月30日の間で1日)、慶弔休暇(1日~7日)、年次有給休暇
年収例

241,200円以上(一律住宅手当を含む)
※上記の金額は、大卒初任給(2019年4月実績)で、年齢・経験を考慮し、規定により決められます。

昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(会社業績に応じて支給)
勤務時間 9:00~17:30(実働7時間30分)
福利厚生 資格手当、各種保険(社会保険、健康保険(組合健保)、厚生年金、雇用・労災保険、厚生年金基金、労災上積保険、団体長期障害所得補償保険)、ベネフィット・ステーションサービス

会社の概要

  • 所在地
    東京都南区三田2-11-15 三田川崎ビル
  • 設立
    1943年7月22日
  • 事業所一覧
    本社:東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル
    千葉事務所:千葉市中央区中央4-13-2 桂ビル
    長野事務所:長野市栗田653-223-107
    ジオラボ関東:東京都大田区大森南
    北関東支店:埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-44-1 TAKビル
    宇都宮事務所:宇都宮市桜3-1-6 吉田ビル
    大谷観測所:宇都宮市大谷町1075-1 大谷石材会館
    水戸事務所:水戸市上水戸3-7-31
    群馬営業所:前橋市天川大島町1027-2-205
    横浜支店:横浜市中区真砂町4-43 木下商事ビル
    川崎営業所:川崎市幸区南加瀬2-25-8
    北海道支店:札幌市中央区北1条東2-5-2 札幌泉第2ビル
    釧路営業所:釧路市春採6-1-26
    函館営業所:函館市西旭岡町2-3-14
    北日本支社:仙台市宮城野区榴岡3-4-16 ビレッジ106
    秋田事務所:秋田市中通2-1-36 マグナスビル
    青森営業所:青森市港町1-17-4
    盛岡営業所:盛岡市菜園1-3-6-1005
    山形営業所:東根市蟹沢1646-33
    福島営業所:福島市本町4-8 エリプスビル
    宮古営業所:宮古市藤原3-3-17-101
    北陸支店:新潟市中央区紫竹山5-7-5
    佐渡事務所:新潟県佐渡市中興乙1430
    上越事務所:上越市木田2-1-1 上越セントラルビル
    中部支社:名古屋市名東区上社2-184
    浜松営業所:浜松市東区和田町317-8
    岐阜営業所:岐阜市六条北3-20-17 パピルス
    三重営業所:津市栄町2-418 タナカビル
    西日本支社:大阪市西区北堀江2-2-25 久我ビル南館
    南大阪事務所:岸和田市木材町13-3
    滋賀事務所:大津市唐橋町18-7
    和歌山事務所:和歌山市広道20 第1田中ビル
    奈良営業所:奈良市大宮町7-2-5 田村ビル
    ジオラボ関西:岸和田市木材町13-3
    神戸支店:神戸市中央区花隈町3-35 花隈会館
    中国支店:広島市安佐南区祇園3-40-1
    岡山事務所:岡山市北区柳町1-1-1 住友生命ビル
    山口営業所:山口市吉敷下東2-10-15-206
    四国支店:松山市山西町801-4
    高知営業所:高知市瀬戸南町1-2-1
    九州支社:福岡市博多区博多駅南1-8-34 博多駅FRビル
    熊本事務所:熊本市中央区上水前寺1-9-15 日新ビル
    長崎営業所:長崎市新地町5-17 上滝ビル
    宮崎営業所:宮崎市橘通西5-1-28
    大分営業所:大分市賀来北1-14-13-303 すえひろビル
    鹿児島営業所:鹿児島市坂之上7-12-19
    沖縄営業所:那覇市東町16-9 大寛ビル

働きやすさを求めるなら
地方がおすすめ!

ホワイトな
建設コンサルタント会社3