ホワイトな建設コンサルタント会社の見つけ方 » おすすめの建設コンサルタント会社 » 中央コンサルタンツ

中央コンサルタンツ

建設コンサルタントの転職を考えている人のために、中央コンサルタンツの情報をまとめているページです。社員評判や働きやすさのための制度について調べているので、ぜひ参考にしてください。

中央コンサルタンツの口コミ評判

  • 同種建設コンサルタント会社の中では良いほうである。賞与はそれなりに出るが、夏冬の賞与ともに同額である。資格報酬は技術士のみあるが、住宅手当てなど諸手当はない。地域割り増しはないため地方支店はかなり給料水準が高い
    引用元:カイシャの評判
    (https://en-hyouban.com/company/10003406731/kuchikomi/)
  • 道路、橋梁、河川、上下水道、公園など様々な設計業務の経験をさせるために、若い段階では部署替えが多い。経営方針は経営計画書に明確に記載されており、社長の方針、支店の目標などは明確になっている。それに対して大きく逸脱しなければ、上司と相談して自分の希望を反映させることも可能である。
    引用元:カイシャの評判
    (https://en-hyouban.com/company/10003406731/kuchikomi/)
  • 国土交通省業務の受注拡大及び表彰を目指すため、業務途中での設計検証等を確実に行っている。このような取り組みの成果が現れ、優秀技術者表彰等も増えてきていると思われる。
    引用元:カイシャの評判
    (https://en-hyouban.com/company/10003406731/kuchikomi/)

口コミ評判から見る「中央コンサルタンツ」の総評

中央コンサルタンツは、給与水準が高いと評判の良い企業です。賞与も夏と冬の2回、しっかりと出るのが高評価に繋がっているようです。また、都心と地方で給与が変わらないといわれており、地方支店に入れれば給与が高いまま生活費が少なくなるので、暮らしの質を上げることもできるでしょう。ただし、若い社員は部署変えが多いとの声も挙がっているため、自分に合う仕事を見つけるまでは時間がかかるかもしれません。

中央コンサルタンツの制度

  • 間仕切りのないオフィスは、周りの動きが常に把握でき、相談もしやすい環境。“共に高め合う風土づくり”のための仕事環境を整備。
  • 産休・育休制度等も整備。

生産性を高めて高品位な成果を創出

中央コンサルタントでは、生産性を高めて、高品位な成果を創出することを目指して取り組んでいます。個々の負荷に頼るのではなく、チームが一丸となって成果をあげられるようにしているのです。さらに、最終退出時間を少しでも早められるように取り組んでいるので、社員はオン・オフがはっきりしたメリハリのある仕事を行えるようです。

マルチに活躍できるキャリアプラン設計

中央コンサルタントでは、年代ごとに異なるキャリアプランを立てることで、最終的にはマルチに活躍できるプロフェッショナルを目指していきます。

まず、20代では視野を広げることを目標に、仕事を積極的にこなして経験を重ねていくようにします。その後、30代では技術に深みを持たせるために、専門分野の深化を図っていくのです。技術者としての基礎知識を身に付けた40代では、マネジメント力を養い、総合力を鍛えていきます。

OJTとOJDで人材育成を図る

中央コンサルタントは人材育成に力を入れている企業で、実務を通して社員が基礎知識を身に付けられるOJTと、専門性を深化させられるOJDを実施しています。OJTでは、いくつかの業務分野を経験させて関係性を知ることで視野が広がる、JOBローテーションを取り入れています。このように、中央コンサルタントではOJTとOJDを上手く組み合わせて、将来を見据えた人材育成ができるようになっています。

転職時にチェックしたい!
働きやすい建設コンサルタント会社3選

中央コンサルタンツの特徴

道路・橋梁・河川・港湾・公園・まちづくり…と、幅広い領域の社会インフラを設計している中央コンサルタンツ。この幅広さが、技術力の底上げにもつながっています。

創業から50年あまり。4,000社を超える建設コンサルタント会社の中でも売上高22位(※日経BP社「日経コンストラクション」2018.4.23より)と業績が良く、全国展開している会社の中でも上位に位置する総合建設コンサルタントといえるでしょう。

中央コンサルタンツは、日本全国に6つの本支店・13の事務所を展開。それぞれの拠点で、地域貢献を積み重ねています。

上下水道の整備も行っている

中央コンサルタンツは、インフラ整備の設計の他に、上下水道の整備も行っているのが大きな特徴です。過去には、床上浸水を解消するために、地下につくる貯留管設計を担当した実績があります。また、浸水常襲地区の対策にも力を貸しており、浸水シミュレーションで対策効果の検証を行っています。自然災害の多い日本では、雨量が多くなる度に、各地で深刻な浸水被害が発生してしまうものです。そうした被害を少しでも防ぐために、中央コンサルタンツは上下水道の整備にも力を入れています。

中央コンサルタンツの休日/年収

休日休暇一覧 土・日・祝日・年末年始ほか(2019年 年間所定休日125日)、年次有給休暇(初年度入社時10日、半日単位の取得可)、特別有給休暇(慶弔関連ほか)、その他有給休暇(子の看護・介護) ※夏季・冬季に、連続した有給休暇の取得を推奨
年収例 経歴・年齢等を考慮のうえ決定

中央コンサルタンツの会社概要

  • 所在地
    名古屋市西区那古野2‐11‐23
  • 創立
    1960年
  • 事業所一覧
    名古屋、札幌、仙台、東京、大阪、福岡

働きやすさを求めるなら
地方がおすすめ!

ホワイトな
建設コンサルタント会社3