ホワイトな建設コンサルタント会社の見つけ方 » 建設コンサルタントになるには » 建設コンサルタントに向いている人

建設コンサルタントに向いている人

こちらでは建設コンサルタントに向いている人の特徴をまとめています。建設コンサルタントになるために必要なスキルや資格を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

建設コンサルタントはどういう人が向いている?

建設コンサルタントは、土地の調査や工事の設計、現場の管理といったさまざまな業務を任せられます。そのため、応用力の高い人が求められています。いろいろなケースを想定し、適切な判断を下せる人が向いているでしょう。

また、建設コンサルタントで働くなら、コミュニケーション能力も求められます。工事を請け負うために営業をしたり、現場で働く人たちの管理をしたりと、話す機会がとても多いためです。

ひたむきに努力ができる人が求められている!

どの仕事でもいえることですが、建設コンサルタントも楽しい業務ばかりではありません。ときには、仕事で辛い思いをすることもあるでしょう。しかし、ひたむきにコツコツと努力を積み重ねていけば、スキルは確実に身についていきます。

建設業界で働いた経験がある人でも、仕事に慣れるまでには時間がかかるもの。途中で諦めずに、知識を貪欲に吸収できる人が求められているのです。

建設コンサルタントになるには何か特別なスキルが必要?

建設コンサルタントになるときに、特別なスキルは必要ありません。資格を持っていなくても目指すことができます。未経験から建設コンサルタントを目指す人もたくさんいます。

しかし、建設コンサルタントは、建設工事や測量、地質などの幅広い知識が必要になる職業です。そのため、土木や建設業界で働いたことのある人が、採用試験では優遇される傾向があります。

土木や建設について学べる学校を卒業していると有利?

建設コンサルタントは未経験者でもなれる職業ですが、工学や土木、建設系の学科を卒業している方が有利だといえるでしょう。実際に、建設コンサルタントを募集している企業は、上記のような学校に求人を出している傾向があります。働きながら知識を身につけたい場合は、夜間に通える専門学校で学ぶか、独学で勉強するのがおすすめです。

資格があるに越したことはない!

上記では、建設コンサルタントになるために必要なスキルはないと説明しましたが、資格を持っているに越したことはありません。たとえば、土木施工管理技士や建築施工管理技士といった、建築や土木に関わる資格です。これらの資格を取るために勉強をすると、建築や土木についての基礎知識を身につけることができます。

採用試験でも優位に立てるので、勉強をする余裕がある方は資格の取得を目指しましょう。

建設業界で働いたことがない人は、就職してから資格を取得するのもあり!

建設業界で働きたいと考えたとき、就活で優位に立てるように、資格を取ることに一生懸命になる人がいます。もちろん、勉強して資格を取れれば問題はないのですが、資格にこだわり過ぎていつまで経っても就職できないのでは本末転倒です。資格を取れないのであれば、就職してから資格を取れるように頑張れば良いでしょう。

企業によっては、資格取得のためのサポートをしてくれたり、資格を取ったときの手当を出してくれたりする会社もあります。

働きやすさを求めるなら
地方がおすすめ!

ホワイトな
建設コンサルタント会社3